サッカーダイジェストより 久保建英“冷遇”の真意は? 渦中のエメリ監督に直撃!【独占インタビュー】

コートジボアール戦で先発出場した久保建英選手。ゴールやアシストなど明確な結果は残せなかったが、19歳の彼にとっては、大きな舞台こそが最重要。そんな中、こんな記事を見かけました。

エメリ監督の久保君の一人の人間としての信頼と選手として、より上の存在を目指して欲しいという気持ちが伝わってくるよいインタビューでした。

日本や海外(レアル絡み)のメディアが大きく騒げば騒ぐほど、本人や周りにも悪影響ではないかと思っていましたが、監督は冷静な指導姿勢を崩していないようです。久保君もクレバーな選手のような見えますので、一歩ずつ階段を上って、最高レベルのトップ選手になって欲しいと期待します。

久保建英“冷遇”の真意は? 渦中のエメリ監督に直撃!「タケにはカガワらを超える才能がある。だが…」【独占インタビュー】 | サッカーダイジェストWeb
 喧騒やスポットライトとはかけ離れたとこ...

引用

タケをどう成長させるか。これは本人の挑戦であると同時に、われわれビジャレアル関係者、そしてマドリーにとって重要なテーマだ。タケの挑戦とは、日本サッカーの歴史に名を刻む選手になることだろう。さらに日本サッカーの顔となり、将来への道しるべになることであるはずだ

このコメントが全てを表しているのではないでしょうか。

チームを上げて成長させ、それはマドリーにとっても重要だと考える。その先に、久保君の成功と、日本サッカーの歴史に名を刻む選手になって欲しいというコメント。素晴らしい指導者に出会えたことも彼の非凡さの証明だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました