【村上春樹】村上春樹『一人称単数』

【村上春樹】村上春樹『一人称単数』

【概要】

◆ 今年もノーベル賞の季節になり、一部で若干騒がれていましたが、今年も残念でした。

ノーベル賞文学賞に村上春樹が受賞するかネタ。もういいよという感じですが、そもそも、

村上さんはノーベル賞系の作家でしたか?
  自分にとっては、常に、ユーモラスな作風の不思議なテイストの作家というイメージでした。 
  大学の頃に村上さんの作品を読み始めて、「風の歌を聴け」も比較的早く読んでいたけれど、 
  『映画をめぐる冒険』『やがて哀しき外国語』『遠い太鼓』とかが大好きです。
  

映画をめぐる冒険

映画をめぐる冒険

やがて哀しき外国語 (講談社文庫)

やがて哀しき外国語 (講談社文庫)

遠い太鼓 (講談社文庫)

遠い太鼓 (講談社文庫)
  夏のビーチで読むみたいな・・そんなときは村上春樹という感じでした。
  他にも、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森

『ねじまき鳥クロニクル』も好きでした。

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド(上)新装版 (新潮文庫)

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド(上)新装版 (新潮文庫)

ノルウェイの森 (講談社文庫)

ノルウェイの森 (講談社文庫)

ねじまき鳥クロニクル 全3巻 完結セット (新潮文庫)

ねじまき鳥クロニクル 全3巻 完結セット (新潮文庫)
  『騎士団長殺し』だって面白かったです。

  どの作品も、『ザ・村上春樹』で、これは好きな人は好きだし、そうじゃない人は

いやなんだろうなと独特の癖があります。
 

  この短編集ですが、 
  いわゆる村上春樹の短編集ぽさがある作品や、「ウィズ・ザ・ビートルズ」の様に不思議な

感じの作品、「ヤクルト・スワローズ詩集」の村上朝日道的世界に笑わされれ、

やはり読んでよかったです。

【アマゾンの内容紹介から。】

6年ぶりに放たれる、8作からなる短篇小説集

「一人称単数」とは世界のひとかけらを切り取る「単眼」のことだ。しかしその切り口が増えていけばいくほど、「単眼」はきりなく絡み合った「複眼」となる。そしてそこでは、私はもう私でなくなり、僕はもう僕でなくなっていく。そして、そう、あなたはもうあなたでなくなっていく。そこで何が起こり、何が起こらなかったのか? 「一人称単数」の世界にようこそ。

収録作
「石のまくらに」「クリーム」「チャーリー・パーカー・プレイズ・ボサノヴァ」「ウィズ・ザ・ビートルズ With the Beatles」「『ヤクルト・スワローズ詩集』」「謝肉祭(Carnaval)」「品川猿の告白」(以上、「文學界」に随時発表)「一人称単数」(書き下ろし)

一人称単数 (文春e-book)

一人称単数 (文春e-book)

【ここがポイント】

■1.「そうだよ、私だってまだものごとを開始したばかりだった」とバードは言った。

  自分が書いた架空のチャーリーパーカーのレコード批評。

そのレコードをNYの中古レコードで見つけてしまうが、
  あまりのことに、その場では下らない冗談と思って買わなかったが、ずっと気になって

(そりゃ、気になるだろ)、
  もう一度行くがもうなかった。
  話はそれで終わらず、チャーリー・パーカーが夢に出てきて、上記の様に言ったのだ。
  
  チャーリーは34歳で薬物中毒で亡くなるが、そう、34歳なのだ。早すぎでしょう。  

■2.ぼくは自分のことで頭がいっぱいになってたのかもしれん。
   妹の命を救うことはできなかったかもしれんけど、何かを 
   少しでも分かってやることはできたはずや

   ウィズ・ザ・ビートルズ より
  説明しがたいので省きますが、彼女のお兄さんとふとしたことで会話となり、数十年後、

お兄さんと再会する。
  しかし、彼女は自殺してる。あらすじだけ話すとそういう話。
  でも、何かが残る。
  適当な感想だが。

【感想】

◆申し訳ないが、村上春樹を期待して待つという事はもうなくなってしまったが、でも、

やはり、楽しい。
 この文章のリズムや、ユーモアがたまらない。
 出来不出来にかかわらず、無条件で、ワクワクする作家というのは一生のうちでも

そうはいないと思います。
 自分にとっては、村上春樹、D・フランシス、司馬遼太郎、サイモン・シンあたりかな。
 変な組み合わせだが。
  

【おすすめ度】

 ★★★★(4.0)(5段階評価)

一人称単数 (文春e-book)

一人称単数 (文春e-book)

コメント

タイトルとURLをコピーしました